アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Vanziのblog
ブログ紹介
Vanziのblog」へようこそ!

このブログでは、子供の頃遊んだ懐かしい「ゴム銃」を、大のオトナが真剣に制作する様子や、それにまつわる話をお伝えしております。

ガンロッカーはこちら!
http://www7b.biglobe.ne.jp/~vanzi-rbg/Vanzis_Rubber_band_guns/Welcome.html
zoom RSS

とてもながい調整期間

2015/04/28 07:58
ご無沙汰してました。
ここのトコロ脳内の娯楽方向が、模型いじりの方向に突入してましたm(__)m

その間全然ゴム銃やって無いかと言うと
そんなはずはありません。

新作を作るらなくなっただけで、練習はしてました。
はっきり言って、当面新型は不要です。
最後に作ったV-21Cがあれば鬼門である、コインペンドラム競技は戦えます!
ようやく細かい調整も終わり、私の競技スタイルも確定する事ができました。
CP銃の最終形態がコレ

画像


…見た目はアレですが、実用性はかなりのものです〜!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ワレキカンセリ

2015/02/25 22:45
久し振りのblog更新です

先のコインペンドラム競技用ゴム銃「V-21C」ですが、

設計思想は間違っていませんでした。

右手で銃を持って、右手で装填する、ひたすらRepeat!

普通だったら装填は左手の仕事ですが、私の短い不完全な左手には荷が重いので、このような特殊仕様と相成りました。

たぶんこのゴム銃は他の人には使いにくくてしょうが無いのではないでしょうかね?

残念なことに昨年は体調崩すことが多くて、一回も競技会に参加出来ませんでした。

今年は何とか競技会に参加できるといいなあ
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今年はまだ終わっていない!

2014/10/04 04:21
今年も何処かの大会に参加したいと思うのですが

良くも悪くも仕事の方が忙しすぎてビミョー〜〜〜なかんじです。

休日は寝てしまうのも勿体ないのですが、寝てないと体が持ちません(T-T)


そんな状況を打破すべく!

休日には「加圧トレーニング」なるものに通うことになりました。

やっぱり体力が無いと何も楽しめませぬ!

ホームページ用のイラストです。
画像


左側面、グリップが薄いのでサムレストは大型です。
トリガー上部の箱状のものは機関部の可動部のクリアランスを確保するためのカバー。
画像


前回このブログに載せた状態から
更に改良されています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ご無沙汰しておりました、 V-21C 出来ました。

2014/09/15 23:35
久々のゴム銃は実質2日間でも出来てしまった、そこそこ簡易型のCP銃です。

画像


たとえ簡易型でも、自分の「使いやすさ」を追いかけています。

銃についてはHPの方をご覧いただくとして〜


今回、またもやCP銃です。(^_^;)

なにせ静標的の方は、もう満点(°0°)あたりが前提なので、

勝敗はほぼコインペンドラム競技の点数で決まってしまうのです。

「そこ」の道具に拘るのは、競技として当然なのですよ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アフターケアパーツ

2014/09/06 12:18
先日購入した「リンクス」の極初期型に見られる不具合対応パーツがZuma2さんから送られてきました。

量産型ゆえ、私にとっては取るに足らない”ちょっと引っかかる”程度の不具合でも即対応しているとはもう頭が下がる重いです。

実際、私のリンクスは組み立てる際に、角や擦れるところを「磨いたり」「削ったり」「グリスUP」と言った手法で調整していたので、引っ掛かることは無かったのですが、折角きたパーツなので入れ込んでみた所

確かに効果有り!です。

画像


向かって右が初期型パーツで、左側が対応パーツです。

違いはトリガー上部に来るここの形状だけ!
画像


これだけで大きく操作感が向上してしまう、ゴム銃は奥深いなあ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


体力を戻さないとーーーー!

2014/08/20 01:19
昨年の夏に体調を崩し丸一年・・

もうすぐ通院ともおさらば〜! なので感無量です。

体あってこその人生!!何事も健康第一です


思う存分趣味に没頭出来る体調に戻ったので
(おかげで最近は模型ばかり作ってますが〜(^_^;))

すっかり鈍ってしまった体の方も どうにかせねばなりません(T-T)

なにせ銃を構えてもプルプル狙いが定まらない!

この筋力ではCPがどうのこうの言っている場合では無いのですねえ

でも元々ゴム銃は軽いうえに両手使うのもOKなので何とかなるでしょ〜

深〜く悩むより、実践した方が速い!

いざとなれば、「割り箸銃」という究極の軽さと命中精度のウエポンを導入する手もある!!(^_^)

ただし、

私は割り箸銃を作るのが、どうにもヘタクソなのですがーーーー




なんで筋力がどうので困るのかというと

ゴム銃競技のために練習してると言っても過言では無い!
(ホントかワシ!?)
コレの狙いが全っ然定まりません。

画像


APS-3という射撃競技専用のエアガンです。

筋トレせんといかんなあ・・・・


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


メタルゴム銃キットを買った!

2014/06/25 02:55
市販のゴム銃は元々数少ないのですが、

今の世の中、オールステンレス(SUS304-2B)製のゴム銃のキットも買えてしまいます

それが

KAZKIN2120 R.B.GUNS製 Lynx(リンクス)」です

今回は、その先行販売品(一般販売は7月)を入手したので紹介します。

※なお、先行販売品ゆえ、後日一般販売される際には仕様が変わっているかもしれません。


まず制作にはプラスドライバーが必要です。(六角レンチは同封されています)

まずはこれがパッケージ 作った銃の保管にも使えます
画像


早速開封〜

画像


中身はラップの様なビニールでグルグル巻いてありますので、慎重にほどきます。
相手はステンレスの塊です、くれぐれも床に落とさない様に! 

中のパーツ群 
画像


これは銃を飾るための台座 
画像



まずは説明書を読みながらパーツのチェック! 袋にパーツ名を書いておくと便利
画像



ついでに数種類在るネジを仕分けしておきます。 
似た様な大きさなので、やっておくと後で区別するのが大変「楽」です。
画像



なお、トリガー復帰用のバネは予備も含め2本入っています。
この気配りが、後に私を窮地から救うのです。

さて !ここからが 組み立て開始です

とは言っても、切ったり削ったりと言う作業はありません

パーツを説明通りに組んで行くだけなので、あっという間にここまで来てしまいます。(O_O)

    ※間違い探し
       よく見ると一部パーツを付け間違ってます。  
      (後で完成品と比べるとわかります(^_^;))
画像


実はこの後、もう一カ所内部のネジをサイズを間違えて組んでいたことが発覚し、
一旦バラす事になったのですが、そのさいにスプリングが無限の彼方へ飛び去ってしまいました・・(T-T)

予備のスプリングがあってヨカッタ、本当にヨカッタ

そうこうしながら、約40分で完成しました。^^

画像


台座に乗せるとこうなるわけです。カッコイイ〜〜!!
画像



このゴム銃の制作者Zuma2氏のサイトはこちらです〜
http://yappaps3.blog.shinobi.jp
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


19号 その3  試作機

2014/06/16 19:55
唐突ですが

画像


コインペンドラム競技用 19号 の試作機は既に出来てます。
(理論通り動くかどうか「さっぱり」分からないので作ってみました)

見た目潜水艦とか、空母のような変な形してます。

何故ならば、これは「ステップアップ方式」の2連発銃なのです


ステップアップ方式とは、引き金を引くと弾が出ると同時に次弾が移動し引き金を戻すと装填状態になるというモノです。

書いても分かりにくいので試作機の作動状態を見てもらう方が速いですね



この様な動きをするモノです。

現在、競技で上位を占める方は単発銃を使用されています。

理由は連発銃が、命中精度の点で単発式に劣るからですが〜、

それはCP銃の開発をやっている人が少ないからです。

銃の性能の伸びしろはまだあるはずなのに勿体ない

と・言 う わ け で 、

 私が目を付けたのが 「コインペンドラム競技で一番時間を食っているのは何か?」

なのです

一般的に多数を占めるコインペンドラム競技の一連の動作は

@ 銃を下ろす→A輪ゴムを装填→B銃を上げる→C狙う→D撃つ→以降@〜D繰り返し

となります。

CとDについては「練習」と、銃の「狙いやすさ」と「命中精度」を上げてやれば良いのですが、

ここで手つかずの領域である@からBを何とかしたい!

そうなると銃の上げ下げを減らすのが手っ取り早いわけです!

そこで連発銃となったのですが、
連発銃がなぜ精度が出し難いのかというと、

1, 単発銃は 発射する時に装填されている輪ゴムの位置がほぼ一定。
2,回転翼方式の連発銃だと、回転翼に不確定要素が多い
3,多数装填するとノーズで輪ゴムが団子になっていくので弾道に悪影響が出やすい


といった問題点があるのです。

そこで!

 「1」 と「2」はステップアップ方式にすることで弾道を出来るだけ一定に保つ

 「3」については、2連発にして影響を最小限に留める

を、目標に作ってみたのです。

一通り検証が済んだので、これを元に19号を再設計するのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


19号 その2

2014/06/11 23:20
今年の競技会に向けチマチマと作っている19号ですが

よ・う・や・く  機関部が出来たので

後は形にしていくだけw

後はこちらの思惑どおりのパフォーマンスを発揮できるかどうか?

実際やってみないと分かりません!!  (^_^;)


この角材っぽいのが、その19号ですが
この角度から見たら何のことだか分からない写真です

ムふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


模型で作動実験 (19号の進捗)

2014/05/21 00:04
これまでゴム銃初心者だったZanziは、ろくすっぽ図面も描かずにイキアタリバッタリで制作、もしくは、図面を描いておききながら、気分で作り替たりしたので相当時間と資材を無駄にしております。

毎度反省しては「勿体ないお化け」が出てきて・・・
作り損ねた機関部パーツを勿体ないからと無理やっこ使ったりするから、

当然何処かにしわ寄せが来ます。(そりゃそうだ!)

このまま進歩が無いのも面白くないので、
ちゃんと機関部の図面を引いて
厚紙で模型を作って
実際にどのように作動するのかを入念にチェック
(原材料はゴミ箱のワイシャツを買ったときについてくる厚紙ですが・・)

やった甲斐あって、ちゃんと動作確認が出来たので、堂々と?本体の制作に取りかかれます。


画像

情報統制により「ナンノコッチャワカラナイエイゾウ」ヲオオクリシテオリマス・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心機一転頑張ります

2014/05/02 21:02
4月に思いもかけず異動してバタバタしているVanziです。
職場は変わりましたが、

ゴム銃に対するスタンスは今までどおり
前のめりです。


今年も何処かの競技会に出場するつもりなので、練習は怠れません!

ついでに新型銃も忘れておりません!
ただし、ここのスタンスが今までと違います。
今度作っているヤツはこれまで失敗に次ぐ失敗で培った理論と知識の集大成(?)
実際出来上がって試合に出るまで

極秘」です!


私の理論が正しければ、
コインペンドラム競技の点数は劇的に上がる・・はず

だといいいなあ


画像

            日陰の花壇に咲いていた花 

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3


せわしなか

2014/02/25 22:55
有り難くも本業が大忙しで帰宅後は日々ぐったりしているVanziです

この調子だと、昨年のようにいつぶっ倒れてもおかしくない状態になりつつあるので戦戦恐恐なのです

こんな忙しい時ですが、ゴム銃の女神様は微笑んでおられるのです。

前回までコインペンドラム競技に勝つために、いかに装填を速くするのか?

こればかりをずーーーっと考えていて、ほどよく腐りそうになったときに

忽然と降りていらっしゃいました  

よって、20番目のゴム銃は

「CP銃の高速装填&得点率!」

がテーマです。( 今までと変わらない? いえいえ「温故知新」です )



タイトルの「せわしなか」は「忙しない」、つまり「忙しい」事であって世話をしない事ではありません。念のため



画像

相変わらず出だしから雑然としております
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


勝負を分けるもの?

2014/02/16 19:32
日本ゴム銃射撃協会の公式競技で上位を狙うのに

今一番ウェイトが大きな競技はなにか?と言えば

コインペンドラム競技」

だと思います。はい、 去年から私がすったもんだしているアレです。

そもそもマッチボックス競技とフライシュート競技は、点数の上限が決まっています。

更に競技銃の性能向上と射撃技術の普及によりほぼ満点近くまでなら何とかなります。

し・か・し フライシュートとマッチボックスでどんなに頑張ってもコインペンドラム競技では点数の上限はありませんから、ここでどれだけ点数を取るかが大会での順位をひいては年間ランキングの順位を左右します。

私がゴム銃を始めた当初は、的に当てるだけでも大変でしたが銃の性能向上により当てる方は何とかなりました、そして残る問題は

装填速度なのです。

現在主流のスタイルは、ゴムを取りやすいようにスポンジ等の上に綺麗に並べるやり方です。

それを私がやったとしても、上位は狙えない、装填速度が致命的に遅い(T-T)

去年からそれを補う方法を考えて試作をしていますがーーーー

残念ながら未だモノになっておりません。

うーむどうすれば良いのか?   常識外に活路を見いだせるかっ!?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あけましておめでとうございます。

2014/01/01 19:26
今年もよろしくお願いします。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もうすぐ2014年

2013/12/31 23:27
もう、あっという間に1年が・・・
とまあ在り来たりの出だしですが
本当に今年はいろんな方と出会いう事が出来ました。

私の地元の県では、ゴム銃のような趣味を持つ方は大変少なく、何気に始めたFacebookで普段絶対にお会いすることが出来ない、関東や北海道、近畿地方等々のゴム銃射撃協会の方々とお知り合いになれたことは、
私的に浮き沈みの激しかった今年を何とか乗り切れた大きな原動力となりました。

ありがたい事です。

ブログはそういう意味で輪が広がる方向には役に立っていませんね・・・うーむ´_`


来年は又何処かの大会に参加出来たらいいなあ


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Only gravity

2013/12/30 16:17
昨日も今日も大掃除でへろへろになる年末
先日から着手し始めた「秘密兵器」
それは、私のコインペンドラム競技における、致命的なまでの欠点

装填速度が遅い

を克服するための秘密兵器です
このての問題は、練習で補うことが一番近道ですが・・・
それだけじゃあ一番はほど遠い!
現実は厳しいのです

開発で一番やっかいな問題が、
ゴム銃射撃協会公式ルール「競技の規定(各種目共通)6.(置台)」にある
「ゴムが重力以外の外力を受ける構造のものは装填操作の一部と見なす。」
というものです。
要は競技が始まるまでは重力以外の影響を受けた状態ではダメと言うこと

これをワンハンドで装填可能にするのが目標なのです。
誰か先に考えてくれるとありがたい (~_~;)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Next Challenge

2013/12/28 16:29
今年明らかとなった
競技における致命的な欠点の克服のための道具開発

その1
・・・・・

これが

これこそが
秘密兵器への第一歩

画像


えーーーーっと
既に「秘密」では無い・・・ですね

まいいや

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年を振り返る その1

2013/12/27 00:25
ようやく体調が戻ってきたと実感するこの頃

今年は大変な目にあったり、よいことも有ったりと浮き沈みの多い一年でした。

そんな今年の

1

「競技会に参加できた!」ことです。

本当に行けて良かった!
「行けた」の意味は第2位のとおりですが・・・
理事長を始め、色々お助けいただいた会員の皆様、楽しいひとときを
ありがとうございました。

競技会で見た皆様の様々な工夫の数々・・・必ず参考にします!

第2位は 人生初!体調を崩し長期にわたって病にぶっ倒れてしまったこと
こちらはもう散々な目に遭いました

12月の関東大会行きも、リハビリを兼ねて何処まで一人で行動できるのか?が課題。
自分に自信が無くなっていたので、不安でしょうが無い!そんな挙動不審なおっチャンがいるモンだからキャビンアテンダントがドンだけ気を利かせてくれたことか・・
この場を借りて御礼申し上げます。
飛行機で行かなかったら絶対会場に着いていませんね。会場に着くまで何度引き返そうと思ったことか!
おかげでもう外に出ても大丈夫だと体に実感させのでした。やれやれです。

そんなこんだでリハビリを頑張っても、
職場復帰の後の、一部のひでー扱いは、一生消えないでしょう。(*`Д´*)
消さないし

んー
ほんといけません健康第一ですw

まあ順調に完全体まで後ちょっと!
来年も頑張ってゴム銃作ります。


もっかい言います。健康第一
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


18号が出来るまで

2013/12/21 00:08
なんと言うことはない途中経過です・・・
制作に当たってのコンセプト
〇 コンペインドラム競技用瞬間解放式横掛けゴム銃
◎ 銃身長は17センチ以上(短銃身は懲り懲り(;。;))
☆ 材料の在庫一掃!

以上!

画像

大体いつも機関部が真っ先に出来上がっています。
こーゆーのをアドリブ、もしくはその場の判断とも言う
イキアタリバッタリ

画像

グリップをどうするのか考え中

画像

グロックのフレ−ムを使えないことも無いけど今回はパスしました

画像

競技会前日タイムアップ・・残念
照準器はまだ仮付け、グリップニギリズライ


そしてこうなった
画像

画像


見た目 平凡 です。(^_^)

12/23訂正 No,17はベクルートUに割り当てたので、18号機が正解でした(T-T)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


18号機完成!

2013/12/14 23:16
画像

競技会には間に合いませんでしたが、新作CP銃がようやく完成しました。
(もっとも、この後ちょくちょく改装してまわるのでしょうが〜)

Vanzi's Rubber Band Gun's No,18
 V-018C 「Parquet」

画像

画像


銃身長18.5pのとてもオーソドックスな横掛け瞬間開放式のコインペンドラム競技用ゴム銃です。

今回の制作コンセプトは、買ったはいいが使っていなかった材料の在庫一掃!

デザインコンセプトはメインの角棒の直線を生かし、色のバランスを見ながら材料を配置。
手持ちの木材を寄せ集めた構造なので名前は「Parquet(寄せ木細工)」!。
今まで趣の異なる、細く長いグリップは昔愛用していた卓球のラケットがモチーフ
照準器は13号機で試験していた集光アクリルを使用し視認性抜群です。

歴史にifは無いと言いますが、これが間に合っていれば・・・

詳細はHPで近いうちに公開します。


12/23訂正 No,17はベクルートUに割り当てたので、18号機が正解でした(T-T)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Vanziのblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる